IBIS(Issue Based Information System)の3要素


Warning: error_log(/home/thrush/thrush.xsrv.jp/public_html/listfreak/archit/bookcache/not-found.log): failed to open stream: No such file or directory in /home/thrush/thrush.xsrv.jp/public_html/listfreak/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(361) : eval()'d code on line 199

まえがき

IBISは、意思決定や問題解決に向けた議論を構造化・可視化するアプローチ。3種のノードを次のようなルールでリンクしていきます。

リスト

  • [問い](イシュー / Issue / Question)…… 答えるべき問い。IBISは[問い]から始まるツリーである。[問い]・[アイディア]・[議論]のいずれにも、さらなる[問い]をリンクできる。
  • [アイディア](立場 / Position / Idea)…… [問い]を解決する、あるいは明らかにする回答。[アイディア]は[問い]にリンクする。
  • [議論](Argument)…… [アイディア]に対する議論、つまり賛否。[議論]は[アイディア]にのみリンクする([問い]には直接リンクしない)。

あとがき

主に “Issues, Ideas and Arguments: A communication-centric approach to tackling project complexity” (Eight to Late) あたりを参考にして書きました。

便宜上、3種類のノードには[問い] [アイディア] [議論]のように[]を付けています。またノードには文献によってさまざまな呼び方があるので、ノード名の直後に()で括って記しました。

テキストでは表現しづらいですが、サンプルとしてツリーを作ってみました。

[問い] 明日の天気をどうやって知るか?
└[アイディア] 自分で考える
・└[議論] 知識も経験もないので、精度が低いだろう
└[アイディア] 外部の情報源に頼る
・└[問い] 情報源の信頼性をどう判断するか?
・・└[アイディア] (判断基準についてのアイディア)
・・・└[議論] (その判断基準についての賛否)
・・・└[問い] その判断基準に照らして、どの情報源を選ぶか?
・・・・└[アイディア] (具体的な情報源の候補)
・・・・・└[議論](情報源を絞り込むための議論)

ちなみに、参考文献(1)によればリンクの種類は下記の9種類とされています。

* [問い]から[問い]への一般化
* [問い]から[問い]への特殊化
* [問い]から[問い]への置き換え
* [問い]への[問い][アイディア][議論]からの示唆
* [問い]から[問い][アイディア][議論]への疑問
* [アイディア]から[問い]への回答
* [議論]から[アイディア]への支持
* [議論]から[アイディア]への反対
* その他

(1) Conklin, J., & Begeman, M. L. (1988). gIBIS: A hypertext tool for exploratory policy discussion. ACM Transactions on Information Systems (TOIS), 6(4), 303-331.

IBISは、西田 豊明『インタラクションの理解とデザイン』で見つけました。

(書誌情報が見つかりませんでした 9784000069410 )

タグ

イシュー(1)  問題解決(65)  意思決定(47)  議論(7)  議論の可視化(1)